Home

シングルママワガミチヲユク!

ktai style固定ページにコメント表示

【ktai-style を使用して、固定ページにコメントを表示させたい。】

あんとんさんち>携帯閲覧対応いろいろより
自分用覚書

使用テーマの「page.php」の指定位置に1行追加する。

1つのWordPressで複数のblog運用

※自分用メモ

データベースを一つしか使えないサーバーにおいて、
Wordpressのblogを複数設置する方法を
記載してある記事のまとめ

まつぼ x Web さん

株式会社デジコム さん

てをつなごう。

teotunago.gif

ひとりでも多くの人に笑顔を。

「てをつなごう だいさくせん」

PC向けURL http://www.teotsunago.com
モバイル向けURL http://www.teotsunago-mobile.com

ちゃちゃ姉、救急車に乗るの巻

夜明け前の激しい雷鳴は
衝撃的一日の幕開けだったのかしら

いきなり一発、
「ドガァアアアン…」って
遠くから聞こえたんだよね

と同時に
同じ部屋の端っこで寝てる夫が、
雷鳴以上にデカイ寝言、
いや、
寝叫び声をあげた

文字にするとこんな感じ

「んおびょぉおおお!!」

思い出すと笑えるけど、
その時は、あまりのうるささに
ものすごくイラッとしたわー
(#`ω´)

ちゃちゃ姉はびびって
反射的に布団かぶったし

ちゃちゃ姉に後で聞いたら、
お化けかと思って
怖いから布団かぶったんだって
(´▽`;)

朝、夫に苦情を言ったら
「夢の中で
メンタルのテストみたいなのをやってて、
知らないオッサンに
無理やりチューされそうになった瞬間、
窓が光って雷が鳴った」
とのこと

どんだけタイミングいいんだ!
(´-ω-`)

そんな朝で始まり、
保育園へ登園するために、
ちゃちゃ姉を前部補助イスに乗せて
楽しく自転車をこいでいたところ、

段差ではね上がった

ガシャン

上の子たちが使ってた
古くてちゃちい補助イスが外れ、
ちゃちゃ姉の頭が
私の視界の下のほうへ

「ギャ──────!!!」

自転車止まる

ちゃちゃ姉の右足が
内側にねじれつつ
前輪右側に挟まってるではないか!

(lll゚Д゚)

痛くて叫び続けるちゃちゃ姉

「いーだーいーよーっっ!!!」
「いたすぎるー!!!」
「かぁか、はやく足とってー!!!」

挟まった足を抜こうと頑張る私

抜けん!!!マズイ!!!
これ骨折コース!?
(>ω<。) そこへ現場近くの とある会社の自動車が通りがかる 私は手を挙げ 「すみません!!!」 運転していた男性、 車から降りて状況を見るなり 「救急車呼びますね!」 私「すみません、お願いします!」 ちゃちゃ「いたいー、いたいよー!!」 私「痛いよねー、 そうだよ、これは痛いよー…」 理論的には 前輪を逆回転させれば抜けるんだけど、 ちゃちゃ姉の瞬足ちゃんが めっちゃ固くはまり込んで動きやしない あーどうしよう どうしよう… あ、 靴ごと抜こうと思わなければいいのか? 瞬足ちゃんの面ファスナーを ペリペリッと剥がし、 ゆっくり足を引っ張った 抜けた!!!!!!! ちゃちゃ姉ホッとした様子 (´▽`) 「かぁか、いたいけど歩けるよ…」 よかったぁあああ (´;ω;`) ピーポーピーポー 救急車到着 消防車も到着 スミマセン… 大袈裟にしちゃったみたいで… 隊員さん「お母さん、大丈夫です! 骨折はしていなさそうだけど 心配だから、病院へ運びますね!」 本当にスミマセン… ちゃちゃ姉は救急車にびびって、 「だいじょうぶ!!」 隊員さん「こわくないからね、大丈夫だよ」 ちゃちゃ緊張しつつ納得 私も同乗して病院へ 診察待ちの間に 警察のかたから色々質問を受ける 警察官さん「足がスポークに 入らなくて良かったですね… 入ってたら骨折してたかも… 年に何件かあるんですよ…」 その後、 レントゲンを撮ってもらい、 骨に異常はなく、 軽い捻挫と擦過傷だけとの診断 あー本当に本当に本当に良かった… 帰宅して昼寝の後、ちゃちゃ姉復活 「かぁか見て!ぴょんぴょんできるよ!」 骨太なのが幸いしたのか、 あの状況でこの軽傷は 本当にラッキーとしか思えず… ちゃちゃ姉いわく、 「りっくん(弟リッキー)が まもってくれたんだね!!」 うん、きっとそうだ、 そうに違いないよね! 「やっぱり、りっくんは ささといっしょに ほいくえんにいってるんだね!」 「そうだね、お姉ちゃんと一緒に 保育園に行ってるんだよね」 リッキー、ありがとう 本当にどうもありがとう (*´▽`) あーしかし、 スゴイ一日だったなぁ… あ、私は無傷です ご心配なく… (ω-`*)

悪夢

我が子という存在は、とてもとても可愛い

夫はムスメ可愛さによく
チュー攻撃をしようとしたり、
仰向けになったムスメに対して
覆い被さる姿勢で構ったりすることがある

おそらくそれは一般的な家庭でも
よくある光景の
一つなのだろうと思うけれど、
私にとっては限りなく見たくない場面だ

産後そしてリッキーを亡くした後に
私の意に反して
性行為を強要された記憶が
呼び起こされて吐き気がする

そういう日は決まって夢を見る

夫が求めてくる夢だ

暴れ喚きながら拒んでいる私、
苦しくて苦しくて苦しくて目が覚める

そして

性行為を求められた以外の
罵られ蔑まれ貶められ暴言を浴びせられた記憶や、
私の上の娘たちを
馬鹿にし蔑んでいた何年も前の記憶が蘇ってきて、
とてもとてもとてもとてもとてもつらい

そして更に

夫の母上から言われた数々の嫌味まで思い出される

人は自分が受けた哀しい行為の記憶に敏感だ

私自身が意識しないうちに人を傷付けてしまったことも、
過去に何度もあっただろうと思う

そういう人の胸の内を思うと
申し訳ない気持ちでいっぱいです

3月15日

結婚記念日だった

過去に一度も買ってきたことの無い花束を
夫が持ち帰ってきた

渡されても、本当に何とも思わなかった

彼の辞書には

「不可逆」とか
「今さら」とか
「取り返しがつかない」とか、
そういう類いの言葉は無いのだろうか…

私は彼に対して
いつまでも恨みがましく
思っているわけではないのです

ただもう関わりたくない

この先あんな想いはもう絶対にしたくない

ただそれだけなのです

今朝も悪夢で目が覚めた

死ぬまでにあと何度
こんな夢を見なくてはいけないのだろう…?

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top