Home

シングルママワガミチヲユク!

医療について思うこと。

こんにちはー。
今日の栃木は曇り。寒いです。

生後2ヶ月にも経たないちゃちゃタンが、風邪をひきました。
あんちゃん(ケンゴ・小6)にうつされたー。

小さな鼻の穴から鼻水がスゴイ出まくってます。
誰だよー、「3ヶ月間は免疫があるから…」とか言ったのは!
しかもうちの子、母乳だぞ!

ということで、ここを読んでるプレママさんへ。
「低月齢の赤ちゃんは免疫があるとか思わないでね。
母乳を飲ませていても、風邪のウィルスに感染するよー。」

さてさて。
皆さんのご両親はご健在なのでしょうか?
私の両親、仲良く(?)ふたりで暮らしてたの。
先週までは。

日付が11月8日に変わる少し前、父が睡眠中に心肺停止に陥りました。

母は、救急車が到着するまで母なりに人工呼吸や心臓マッサージを施したようなんだけど、
今まで講習を受けたことがなかったから、きっとイマイチ上手くいかなかったのね。
救急隊員さんが蘇生の処置をするまで、呼吸も心拍も回復しなかったの。

で、何分経っちゃったのか分からないんだけど、
父が再び「こっちの世界」に戻ったので、
救急車で近くの総合病院に運ばれました。

夜が明けて、私は父と対面したんだけど、
ベッドの上に横たわったまま目は半開きで、
こちらの呼びかけには全く反応ナシ。

それでもICUじゃなくて一般病棟なんだから、
お医者さんにとっては「重篤な状態」じゃないのね。

翌日。
声をかけると目をパッと開く。
でもそれだけ。

10日、金曜日。
会話が出来るようになった。
でも、自発的に話す内容、その記憶がなんだか変。
見えないはずの景色やモノが見えている様子。

今居るのが病院のベッドの上だと説明しても、
全く理解できていなくて、違う地名を言う。

ほんの数分前に話したこと、会った人、
そういったものを覚えておけない。

15日。
酸素マスクや点滴が外れて、自分で食事を摂る。
導尿、オムツは変わらず。

っていう状態で今日に至ってるんだけど、
「低酸素脳症」からくる「高次脳機能障害」っていうらしい。
ネットで調べたんだけど。

心肺停止したことで脳に酸素が届かなくて、
人間の体の中で一番酸素を必要としている
大事な大事な脳が、ダメージを負ってしまった模様。
まず、視覚や認知・記憶といった機能がダウンするのね。

これからどの程度回復するのか分からないけど、
介助ナシで日常生活を送れるようにすることが
お医者さんの目標らしいです。

もし今の脳機能のレベルのままだとして、
リハビリ後に退院したら、自宅に帰ると思う。

ビミョーに認知症なんだけど、
プライドはしっかりある状態なので、
「施設に入所してもご本人が嫌がると思いますよ」って
神経内科の担当医さんが言ってた。

っていうかさー、今回思ったんだけど、
人工呼吸とか心臓マッサージの蘇生術、
ある程度の年齢に達したら
誰でも出来るようにしておいたほうが良いのでは?
高校で勉強するとか。
希望者だけが講習を受けてもダメだと思うよ。

あと、蘇生術が進歩した現在においては、
うちの父みたいになってしまう患者さんも多いはず。

でも、その退院後どうするのかとか、
どんなケアを受けられるのかとか、
そういう情報って少ないのね。
こっちから求めない限り、たどり着けない。
医療技術が進んでも、何か物足りなさを感じるわ。

ネットに繋いでない、
そしてフットワークの重いひとなんて、
どうやって情報収集するんでしょう?
困ったことです。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

メロメロビーム!!!

コンニチハ!
前回の日記から、かなり経ってしまいました…
母子ともに健康に過ごしてますよー!

以下、知りたくないかたにはどうでもいいBabyネタ。

生後40日経ったころから、
ちゃちゃ姫が満面の笑みを浮かべながら
おかたりをするようになりました。

こっちを見ながら嬉しそうな顔をして、
「アグゥ~」とか「ウ~」とか「ンッキャァ~」etc.

ひゃぁぁぁきゃわいいぃぃぃ!!!

家族みんなメロメロ度数が上がりっぱなし。

おかたりしながらウンピーをたっくさんしちゃっても
母さんは笑って許しちゃうよ♪

そんなちゃちゃなので、お義母さまもメロメロです。

実は、2週間に1回、顔を見せに行ってます。
といってもまだ数回の訪問ですが。

交際中、ずっと反対されていて、
入籍時も全面的に賛成はして頂けなかったし、
妊娠中の私は、正直、
「産んでも会わせたくないなぁ」と思ってたの。
「うちの実家で可愛がってくれるし、いいじゃん」って。

でも、入院中に「ご対面」を果たしてから、
「まぁいっか」と。

やっぱり初孫は可愛いよね。褒めまくりだもの。
ちゃちゃのおかげで、
私に対しての態度はすっかり軟化。

それを知った上の子たち、
「良かったね」って言いながら、私に握手を求めてきたよ。
「ありがとう」と素直に応じました。

あーそうだ…
ちなみに最近気付いたことなんだけど、
ちゃちゃはお義父さまに似ているみたいなの。
向こうのご両親にとっては、
そういうのがまた余計に可愛く思える材料かな?

ブル~さん。は、
「オレに似てる」と言い張ってるんですけどねー。
そのうち似てくるかな?

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ちゃちゃら生後1ヶ月★

12年ぶりに出産したお子の1か月検診に行ってきました。
期日指定なので、
同時期に入院していたベビちゃんが
み~んな来ていたんだけど、
ちゃちゃら、デカ!
毎日見てるから、
「よく育ってるなぁ」としか思ってなかったけど、
ちゃちゃら以外は、
どの子もみんな繊細そうな感じで可愛らしかったです。
ちゃちゃらは母さんの過剰な栄養を
実に上手く吸い取ってくれている模様?

1ヶ月間の成長記録…

身長 49.3cm → 54.7cm
体重 3,235g → 4,600g
胸囲 33.8cm → 36.8cm
頭囲 34.5cm → 35.1cm

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

手作り万歳な毎日。

毎度お世話になっております。
今日もおうちでまったりのゆかぴんです。

産休前は、帰宅が7時をまわることが結構多くて、
夕飯の準備に時間をかけることなんかほとんど出来ず、
いくら手作りが好きとはいえ、
お菓子を作ってお子たちに与えるなんて、
休日の、本当に時間がある時にしか出来なかったのね。

それがまぁ、今は夢のような毎日よ♪
お子たちに手作りのケーキやカステラ、シュークリーム、
ホームベーカリーを使って生地作りをしちゃえば、
おやつパンだって食べさせることが出来る。
時間があるって有り難いねぇ!

よぉーく考えてみたら、
上の3人の育児期には、こんなこと出来なかったなぁ。
手作りお菓子を作るなんていう「気持ちの余裕」が、
あの頃はなかったように思う。
一日中、子どものことで精一杯というか…

やっぱりね、年齢とともに気持ちに余裕って出てくるのね。
ちょっとのことでは頭にこないし。

だから、歳をとって出産や育児をすることは、
体力的にはだんだん厳しくなるかもしれないけど、
結構良いことなのではないかと思うようになったよ。

まぁ、子ども本人にしてみたら、
「若いお母さん」のほうが嬉しいかもしれないけどね!
ちゃちゃタン、そこのところは許してね♪

えぇと、今、「ソーセージと玉ねぎとチーズのパン」を
発酵させているところです。
焼き上がりが楽しみだ♪

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

ただいまぁ!

皆様こんばんは!
昨日、退院しましたデス。
娘も一緒に、無事に自宅に戻りました。

これからホムペ登場の際は、
「ちゃちゃタン」という名前で出てきますので、
新入りちゃんをどうぞ宜しくお願い致します!

今まで以上に賑やかな我が家。
6人家族だもんねぇ!
ますます楽しく生活できるかな?

えぇと、別に知りたくないかもしれないけど、
陣痛発来から、ちゃちゃ誕生までを書いてみたり。

19日(火)の朝5:30すぎ、腰の痛みで目が覚めました。

「ん???これはもしや!」
(私ね、陣痛の時は腰が素晴らしく痛むんです。
前日までに3日間くらい、毎晩、前駆陣痛があったので、
そろそろかなぁとは思ってました。)

それから陣痛の間隔を計ってみると、だいたい10分間隔。

おお!予定日を過ぎること3日、とうとう来たよ!

ということで、陣痛の合間に洗濯をして、
6時頃に旦那っちブル~さん。を起こし、
6時半頃、産婦人科へtel。

経産婦なので、すぐにクリニックへGo!
そこから長い戦いが始まりました…

到着後、クリニックのパジャマにお着替え。
陣痛室に入りました。
あんまり美しい話題じゃないけど、剃毛、浣腸をしたよ。

浣腸後、だいたい8分間隔。
「子宮口3cmしか開いてない」ってマジっすかー?

まだまだ!

8時過ぎ、朝食を出されたので、陣痛の合間に頂く。
ブル~さん。と、半分こ。

だんだんと5分間隔に。

10時すぎ、まだ5分間隔。

12時。昼食が出される。カレーだった。

昨日のお昼ゴハン、カレーだったよ…半分残した。

まだ5分間隔。子宮口はまだ3cmしか開いてない。
っていうのがずーっと続く。

なんか横になってるとキツイ。

そして、陣痛が進まない気がしたので、
ベッドの上に座ってることにした。

痛みがだんだん強くなってきた。

つらそうにしている嫁ゆかぴんを見て、
ブル~さん。が、腰をさすったり押したりしてくれた。

すごく有り難い。
陣痛のたびに「ずっと続けてくれ~」と思った。

午後2時過ぎ、3分間隔くらいになってくる。

と同時に、腰の痛みが1分半ほど続くように。

マジ痛い。てゆーかこんなに痛いんだっけ?と
自問自答しながら耐える。

3時過ぎ、なんだかどんどん痛みが激しくなる。

助産婦さんが「いい感じですよー」
ゆかぴんは「あぁ…はい(いい感じというか痛いっす)」

3時40分くらいに、ものすごい痛みがきた!

四つんばいのまま体を捻って、
ブル~さん。に痛みを訴えようとしたら、
「バッ」って感じがして、破水。
助産婦さんを呼んでもらう。

かけつけた助産婦さん、
「このあとは順調に進みそうですね」と満足そう。

手際よく着替えを手伝ってくれる。
やった…ようやく分娩台にあがれるのね…

分娩台にあがって出産の準備をしてもらう。
でもまだ8cmしか開いてないのでいきめない。
いきみを逃すのがキツイ。

妊娠中、ずっと立ち会いを拒否してきたブル~さん。
助産婦さんにお勧めされて、立ち会うことにしたらしく、
白衣を着て分娩室に入ってきた!
なんだか実験助手みたいだわー。

と思ったけど、本人には言ってない。

そして院長先生到着。
いきんでも良いと言われる。

やったぁー。

でっかいウ●コを気分良く出そうとする感じ。

そして2回くらいいきんだあと、いきむのをガマンさせられて、
「ズルズルッ」という感覚のあとで、
「おぎゃぁぁぁ!」という産声が聞こえた!

午後4時9分。

「大きい!女の子です」
「ありがとうございました」…

ブル~さん。と、「元気がいいね」と会話を交わす。

ていうか、倒れなかったのね、ブル~さん。良かった。
だって、注射とか血とか苦手だもんね。

私の分娩後の処置のあと、
赤ちゃんが程よくキレイになって戻ってきた。

「カワイイねぇ~」「誰に似てるんだろう」
ふたりで観察しまくる。

助産婦さんが、親子の写真をデジカメで撮ってくれた!

1時間半くらい分娩室でカンガルーケアをした。

おっぱいをちゅぱちゅぱ吸おうとするんだけど、
まだおっぱい出ないよー。
飲ませてあげたいけどゴメンねー。

その後、歩いて病室へ移動。
夕飯を頂きました。
3食しっかり食べる時間を与えてくれた娘に感謝!

翌日から、母児同室になりました。

赤ちゃんは、毎日顔が変わるから面白いよね!
未だに誰に似てるのか分からないし、
特に美人っていう訳じゃないんだけど、
なんかすごくかっわいくてたまらないよー。

私以上に娘溺愛のブル~さん。
見てると笑えるくらいに可愛がってます。

昨日あたりから母乳もバンバン出るようになってきて、
母ゆかぴんは、ひと安心。
ちゃちゃが元気にすくすく育ってくれるように、
いいおっぱいを出してあげないとね。

あとは、自分の体が早く元に戻るように、
無理せず程よく休ませて頂かないと♪

お姉ちゃん2人とお兄ちゃんも、
妹が可愛くて可愛くて、ちょっかい出しまくりです。
プチお母さん、プチお父さんとして、頑張ってます。

いや、頑張るっていうか自然に動いてくれてる。
上の子が大きい子たちでホント良かったわぁ。

そして、今はなんだかちゃちゃのコトばかり構うのが
ちょっと不満だけど、
早朝の入院時から出産まで、
ずっと付き添ってくれたブル~さん。には、
本当に本当に感謝しています。

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

Home

Search
Feeds
Meta

Return to page top