Home > 18トリソミー > その後…

その後… Archive

豪華ケーキ付きお悩み相談会♪

おとといの日曜日は、お昼過ぎに、
ぁ~めママンが遊びに来て下さいましたのよ♪

とっっっても大きくてゴージャスな手作りケーキを持参してくれたのです!
…が、私はうっかり写真を撮り忘れてしまった!!
カットした状態を、ぁ~めママンが撮影してくれたので、
ママンの日記にupされることを期待している私
(*´Д`)

2種類のムースをチョコスポンジで挟んで、コーティング&デコってあるのだ!
激しく美味しかった~
(*´▽`)

中2の息子に同じものを作ってくれと頼まれたけど、
「無理!」って即答しました。
ホントに私には無理だ!
ママン素敵すぎる!!
(*´Д`)

ママンの滞在中、大きいお姉ちゃん2人がバイトの合間に顔を出し、
ママンとのひとときを楽しんでいた…
2人とも、もっと一緒に居たかったと言ってた。
ぁ~めママンはオシャレで気さくで楽しいので、
女子高生にはとても魅力的らしい♪
しかも私より年齢が近いし!
(*´Д`)

いつもは人見知りするちゃちゃらも、
すぐに慣れて色々話したり遊んでもらったり…
ちびっこにも愛されるママン♪

そして私、悩みを聞いてもらっちゃった~…
子どもたちや夫婦のこと、家計のこと、
よく考えたら知り合ってまだ半年経ってないのに、
かなりプライベートな内容まで暴露できるお相手…
とてもディープな悩みも聞いてもらって申し訳なかったんだけど、
アドバイスをもらったら暗闇に光が差してきた気がしたよ!

こんなに素晴らしいお友だちと引き合わせてくれた
ぁ~ちゃんとリッキーには、心からすごぉく感謝しています!
(*-ω-)b

帰りが遅くなってごめんなさいね、ぁ~めママン!
今度は楽しく公園デートかな?
あ、4月26日に、18っ子写真展に一緒に行くんだった!
楽しみ楽しみ~♪

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

お友だちの旅立ちと、リッキーへの想い

3月20日、そして昨日(22日)、
mixiで知り合った2人の18っ子のお友だちが、天使になりました。

心よりお悔やみ申し上げます。

直接お会いしたことはなかったけれど、
リッキーと同じ18トリソミーの子どもたちに対しては、
自分勝手に身内のような感情を抱いてしまうので、
この世でのお別れは本当に本当につらいです…

仕事中もつらくて涙が出てきてしまうけれど、
いっぱい頑張って、精一杯生き抜いたお友だちを、たくさん褒めてあげたい。

ありがとう!
よく頑張ったね!
ずっとずっと忘れないよ…!
本当にありがとうね…

今週末、リッキーが天使になってから3か月を迎えます。
時間の経過とともに記憶が薄れていくんじゃないかと思っていた私。
でもね、最近こう思うようになったの。
「忘れるのではなく、時間の経過とともに、様々な想いや考え方が重なっていくんじゃないのかな」

リッキーが誕生した時のこと、
闘病中のこと、
看護師さんや先生がたとのやり取り、
そして、リッキーが旅立った日のこと、
今のところ、とっても鮮明に思い出すことが出来ています。

リッキーの居ない日々を、寂しくて虚しいだけだと思ったこともあります。
でも、こうして毎日を送るということは、
リッキーに再会できる瞬間が少しずつ近付くということなんだよね。
そう思うと、そんなに悪いことでもないかな…

再会はかなり先のことだけどね
(*´Д`)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

天使3か月を迎えるリッキーへ

珍しいことが起きました。

保育園児ちゃちゃタンから鼻風邪を貰っちゃったなぁと思っていたら、
私、今朝、発熱。
体のあちこちが痛い…
出勤してから早退しようか、それとも休もうか迷いに迷って、
今日は会社を休ませて頂くことにしました。

自分の体調の悪さで欠勤するのは、本当に久しぶりです。
大抵、熱があっても出勤しちゃうので。
でも、この痛みでは…
出勤したら、机に突っ伏してる訳にもいかないしね
(;´д`)

たまにはこんな日もあるさ♪
明日と明後日で治すぞ~!

さてさて、明日でリッキーは天使3か月。
生身のリッキー不在の日々がどんどん過ぎて行きます。
抱っこしたいよ~、とか、
触りたいよ~、とかの前に、
とりあえず、会いたいんですけど!!
(;´д`)

…無理だって分かってるけどさ。

リッキーのことを想う毎日。
たくさんの表情を思い出すけれど、
最近よく私の脳内ビジョンに再生されるのが、
天使になる直前に、急に爽やかで楽しそうな顔になっちゃったアレです。
思い出しては笑っちゃう。
リッキーどしちゃったんだろなー…って。

お友だちやワクワクするような世界が目の前に見えちゃったんでしょうけど、
それだけじゃなくて、最期に、私に楽しい思い出を残してくれたんだろうか?
(*´Д`)

リッキーが生まれてから今日まで、
いっぱい悩んで、
いっぱい苦しんで、
いっぱい涙して、
それからいっぱい頑張って、
いっぱい愛情を注いで…

嬉しいことや楽しいことだけじゃなかったけれど、
色々なことがギュッと詰まった期間だったなぁ…

そういう全ての経験に、「ありがとう」って思います。
私に、お金では買えない大切な財産を残してくれました。
いっぱい経験させてくれて、ありがとう。
全部が愛しい宝物!

そりゃぁね、リッキーの一生を長い短いで言ったら、短いとは思うよ。
だけど、それは人生を長さで判断するからそう思うのであって、
濃さで言ったらかなり濃厚な人生だったよね、リッキー?

この、リッキーを通しての経験は、まだまだ続く…って感じです
(*´Д`)

桜が咲き始めたね。
「リッキー、春だよ」
って話し掛けただけで涙が出てきてしまう私だけど、
寂しくて落ち込んでるわけじゃないんだよー。
言葉では説明出来なくて困っちゃうこの気持ち…
分かって頂けるかしら…
(;´д`)

去年の今日、リッキーの存在を初めて実感したんだよね…
初胎動。
かすかに「ト」という感じ。
リッキーは、確かに私のお腹にいたんだね…

外から、猫ちゃんたちの鳴き声が聞こえる。
にゃおおん
ぁおおおおん

リッキー、春だね!

別ネタ。

既に3歳男児の平均体重があるちゃちゃら姉、
(身長は普通に2歳児並み)
去年の夏からトイレトレーニングを頑張ってるんだけど、
先日、私がトイレで待ち構えていたら、
「ドスドスドスドス…」
と言いながら駆け込んできました。

もしや自覚してる!?

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

お誕生日おめでとうな2days★☆

昨日は4月5日、
うちの二女レイナちゃんの17歳の誕生日♪
そしてリッキーの月誕生日…
8か月おめでとうリッキー!
(*´▽`)

あやぴバイトでケンゴは部活。

旦那っちは第一日曜のため仕事が休み、
ちゃちゃらも保育園が休み、
私も仕事が休み。
ヒマ人の3人で出掛けました。
あ、天使リッキーも、もちろん一緒であります!

れいぴは誕生日でもしっかりバイトに行ったので、
一緒に誕プレを選ぶことは出来なかった…残念
(・ω・`;)

隣の市にあるショッピングモールに行って、
家電屋さんのパソコンを観察してきたり、
本屋さんでPHPとかCSSの本を探してみたり、
ちびっこショップの西松屋を探検したり、
ペットショップを覗いてみたり、
遊園地時代の名残のメリーゴーランドに乗ったりしてきました。

旦那っちは恥ずかしいらしく、
こういう乗り物には乗りたがらない。
意外と楽しいと思うけどねぇ…?
(*´Д`)

あまりお金をかけずに夕方まで楽しんで、
帰宅してからいっっっそいでティラミスを作った!

夕飯は旦那っちがお寿司(105円の)をいっぱい買ってくれた。
みんなでたらふく食べて、
その後ティラミスを別腹に投入。
おいちかった♪
たくさん作ったので、全員お代わり出来て幸せでした♪
(*´▽`)

一緒に出掛けて、
一緒にお祝いして、
リッキーも喜んでくれたかなぁ★☆

リッキー出産直前から天使になるまでの期間に
病院で渡された資料や、
市役所で交付してもらった住民票ほかの書類、
看護師さんからのメッセージカードなどを、
最近ようやくファイルに整理しました。
色々と思い出されて懐かしかった…

時間が流れるとゆーことは、
子育てにおいては
我が子の成長を見守っていくことなわけですが、
私の場合は見守る対象が天使ちゃんなので、
一緒に過ごした日々がどんどん遠ざかっていくってことなのね
(;´д`)

もはや何をどう頑張ってもリッキーは帰ってこないんだけど、
だけど、
だけど、
何が言いたいんだ私……。

あぁ、リッキーの写真見てると癒されるなぁ~
(*´Д`)

私にとって、リッキーはアイドル?
マスコット?
応援団?

時間の経過は、あのリッキーの苦しそうな状態をも
柔らかな思い出に変えてしまう…

あぁそうそう、関係ないけど、
mixiを携帯で見てると、
画面の上の方にエロい広告イラストが表示されてる時があって、
それがとっても不快です。
バカめ!何も考えてないだろ!?
…って感じ。

そんな乾いた私は、
本日、39歳になります…
サンキュー…

寒いぜ…
(・ω・`;)

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

子だくさんな母さんは悩んだりもする。

毎日毎日働いてます~…
本当は家でリッキー(の写真やビデオ)と戯れて日々を過ごしたいけど、
生活していくためにはお金が必要なので働いてます~…

我が家は、旦那サンの収入だけでは暮らせません。
だって大家族だし!
旦那サンと私のお給料は上がらないのに物価は↑↑こーんな感じだもんね~
(;´д`)

シングルマザーでお子たち3人と生活していた頃は、
手当を頂いていたり、
授業料免除だったり、
お子たちを私の社会保険に入れてたり、
色々と優遇されていたので、
正直、今より金銭的にはラクだった。

その頃からずっと暮らすこの市営住宅…
家賃は2万400円ざます!
3DKに6人と天使が1人。
かなり人口密度が高くて大きい子たちには不評だけど、
格安なので当分出られません。

水道光熱費、家賃、食費に雑費、
要するに、生活するにあたってかかる経費に、
私の収入は消えていきます…

旦那サンは、お子たちの分も含めた国民健康保険料、
生活費補助の3万円、
駐車場代4千円、
そして車検代の積み立て、ケンゴの、時々壊れるバッシュ代、
毎月の貯金担当。

私は旦那サンと結婚する前は生活費を稼ぐために働かざるを得なかった。
(↑お子たちを養うためだから当たり前なんだけど)

でも、ちょっと待って?
今は、私たちって「夫婦共働き」ってことだよね?
お互いの収入に応じて、家計を分担しても良いんじゃない?
私の収入に依存してるから、
育休中に生活が苦しくなるんじゃん…

そして、私の連れ子(っていう言い方、あまり好きじゃないけど)、
特に上の女の子2人の生活態度に対しての、旦那サンの厳しい目…

校則を破ってピアスを幾つもつけたりする子たちに、
自分が稼いだお金を出すのは嫌だと言う。

わかるよ、社会に出た時に恥ずかしくないように、
キチンとした人間になって欲しい気持ちは。

でもね、年頃の彼女たちにとって、旦那サンは、
あくまで「母さんの結婚相手」であって、「父親」ではないのだ。

実の父親でさえ鬱陶しく感じる年頃の娘たちだもん、
「母親の結婚相手」なんて余計に鬱陶しいのよね。

自分たちに非があって、それを指摘されてると分かっていても、
全く面白くないわけです。

多分、本音は、
「私たちは、父親になって欲しいと頼んだことはないよ?」
ってところでしょう…

そういう、ちょっと難しい年頃の子どものことや、
家計が厳しくて独身の頃のようにお金を扱えないことについては、
旦那サンと私は我慢しなくてはいけないと思うの。
っていうか、我慢出来ると思うの。
私たち自身が「結婚しよう」と決めたんだからね。

でも、子どもたちは、私たちの結婚に巻き込まれたわけです。
思春期の子どもたちにしてみれば、いい迷惑かもしれません。

…っていう、子ども側の気持ちに疎い旦那サン。

私はね、子どもに甘いかもしれないけど、
元気に学校に通って、ちゃんと家に帰ってきて、
お風呂に入って、家の布団で眠ってれば、今は満足。
自分がそうじゃなかったから。

母親に振り回されてる(苦笑)子どもたちだけど、
まともに育ってる方だと思います。

旦那サンが溺愛しているちゃちゃらのことだって、
大切な妹として可愛がってるし。
それでいいじゃん。
どうしてそんなに正したがる?

そういえば、私、すっかり忘れてたのよね、
お子たちと私が幸せになるために離婚したってことを…

毎度毎度娘たちに対しての出費のことで文句を言われたり、
娘たちを正したい気持ちをぶつけられたり、
何か問題が起きるとなぜか私のせいになったり、
そんな時、私の言い分を聞き入れてもらえなかったり、
先に書いた家計の分担についても含め納得いかないことがあったので、
ある日、旦那サンに話してみたのね。

私は、一度シングルマザーを経験してるから、
再度そうなってもやっていける自信はある。

上の3人は当然、そしてちゃちゃらのことも、リッキー(の遺骨)も引き取る。
ちゃちゃらがいると、旦那サンが再婚しにくいと思うから。

私はもう、結婚しようとは思わないし!

どんなに子ども好きな人(旦那サン)でも、相手が継子となるとまた違うって、身をもって学んだし。

何より、旦那サンの母上が、ちゃちゃらのことで新しい継母サンに何か言うと思うのね。
そうなったら、継母サンが気の毒だ。

…って、離婚まで想定しての私の考えに、
旦那サンは引いただろなー。

だけどね、私にとっては、子どもたちが一番大切なのです。
ずっと苦労を共にしてきた「同士、戦友」です。
子どもたちには、幸せな毎日を送ってもらいたいの。
旦那サンには、娘たちを甘やかしていると言われるけど、
学費と携帯代をバイトして払って、
お小遣いもバイト代でやりくりしてる娘たちは、
果たしてそんなにダメ人間か?

旦那サン、経済観念はしっかりしてます。
悪く言うとケチだけど。

私の愛用のミシンが壊れちゃったから、新しいのが欲しい。
けど、金額が張るから、旦那サンに伺いをたてないと買えない。
正社員で働いてるのに、お給料がみーんな家計に消えていくんだよ?
自分のための貯金も出来ないんだよ?
自分だったら嫌じゃない?

自分の母親が再婚して、
その「母親の結婚相手」から口うるさく言われるんだよ?
自分だったら嫌じゃない?

会社で先輩の顔色伺って、
家でまた旦那サンを怒らせないようにとか、
そーゆーの疲れるし、
そういうこと考えながら生きていくのはツライ。

…って伝えました。

私は、自分が正しい人間だとは思わない。
むしろ、いい加減な方だと思います。
ただ、人にはそれぞれの気持ちというものがあると思うので、
その、相手の気持ちを想像出来る人になりたい。

自分がされたら嫌なことは、他の人にもしてはいけません。

旦那サンが、私にお小遣いをくれるようになりました。
1か月に5千円弱。
でも、進歩だよ!
ちょっとは伝わったみたい。
相変わらず、家計は私がほとんどを負担してますけど…

先日、ケンゴのバスケ練習送迎の合間に、
ちゃちゃらを連れて、
鹿沼市にある「千手山公園」に行ってきました。

小さな観覧車や汽車など、1回50円!
3歳未満は無料です。
400円分チケット購入。
私しかチケット使わないから、
観覧車も汽車もいっぱい乗れた
(*´▽`)

ちゃちゃらは、初めての遊園地に興奮して、
「かぁか、ありがとう!
ささ、うれしくて、もう~、
ありがとうございます!!」
と感謝しまくっていた。
こちらこそ、喜んで頂けて良かったです!

汽車の乗車前、並んでる時に、
リッキーのペンダントを見ながら、ちゃちゃらが言いました。
「ささと、りっくんと、かぁかで(汽車に)いっしょにのって、楽しいね!」

むふふ、
なかなか素敵な娘に育ってるじゃないか!
(〇´∀`)

ホーム > 18トリソミー > その後…

Search
Feeds
Meta

Return to page top